命名は自分で付けることが出来ませんが、一生を左右するものです

命名は自分で付けることが出来ませんが、一生を左右するものです

親の愛情を感じる命名

子供が生まれて喜ばない親はおりません。いくら子供が好きでないと公言している人でも、自分の子どもとなれば別で、特別な愛情を持つものです。その我が子に名前を付けるとなれば、知恵と愛情を込めて思案するものです。特に、第一子ともなれば初めての体験で責任重大であることを肌身に感じます。一度付けた名前を役所に届ければ取り返しがつかないことを承知しているからです。20・30と並べた中から一つを夫婦で選択して選ぶのです。その時間と数が多ければ多いほど、後々子どもは親の愛情を感じるものです。


姓名判断による命名が無難です

命名の候補として、たくさんの名前を並べても、中々決め手となるものがあるわけではありません。そこで、頼りになるのが姓名判断です。本もたくさん出されており、字数、生年月日、易などに当てはめて、一つひとつを点検してみると意外な決め手を発見するものです。これらは、当たるも八卦当たらぬも八卦ではありますが、自分の名前に当てはめて調べてみると納得するものがあるのです。こうなると、話は簡単で基点となるものが出来れば迷うことはなくなります。


子供を困らせる命名もあります

少子化の時代となり、学校での虐め問題も社会問題として大きく取り上げられております。虐め問題は昔からあったのですが、今日ほど残虐な行動ではありませんでした。名前が虐めの対象とならないとは言えません。いくら親の主義や主張があるとはいっても、子どもに主義や主張が伝わっていくかはわかりません。幼いころから、名前が原因で揶揄われたり、暴力を振るわれるようなことになれば、子どもは親を恨むことになりかねません。



命名をする場合には運勢なども診断が出来る無料のサイトを利用すれば色々な候補の中から最適なものが選べます。